福岡県酒造組合トップ > 銘柄大百科

銘柄大百科

1..20件/全88件

1 2 3 4 5次のページ> 最終ページ≫
五十音中順で並べ替え   登録日順で並べ替え

本格麦焼酎 和ら麦 

紹介文
吟醸酒のような香りとみずみずしい味わいが特徴の本格麦焼酎です。まずはオススメの、和ら麦5:水5で割った水割りをお試し下さい。
※料飲店様専用商品です。 
取扱元
株式会社 楽丸酒造 

本格麦焼酎 和ら麦 

紹介文
吟醸酒のような香りとみずみずしい味わいが特徴の本格麦焼酎です。まずはオススメの、和ら麦5:水5で割った水割りをお試し下さい。
※料飲店様専用商品です。 
取扱元
株式会社 楽丸酒造 

らんびき GOLD 

紹介文
樫樽で10年間貯蔵熟成。優しい熟成香と時を重ね洗練された深みある味わいをお楽しみください。 
取扱元
ゑびす酒造 株式会社 

らんびき 角 

紹介文
1969年に発売以来変わらぬ「らんびき」のスタンダード6年貯蔵酒です。芳醇でまろやかな中にも力強い旨さが味わえます。 
取扱元
ゑびす酒造 株式会社 

らんびき 25 1800ml 

紹介文
3年以上貯蔵熟成。樫樽貯蔵ならではの芳醇さとまろやかな味わい。原料由来の自然な風味を感じさせる優しい余韻があります。 
取扱元
ゑびす酒造 株式会社 

らんびき 25 720ml 

紹介文
3年以上貯蔵熟成。樫樽貯蔵ならではの芳醇さとまろやかな味わい。原料由来の自然な風味を感じさせる優しい余韻があります。 
取扱元
ゑびす酒造 株式会社 

山の香 

紹介文
赤紫蘇と、酒造米山田錦から造った爽やかな香りが特徴の焼酎です。とても飲みやすく女性にもお勧めです。 
取扱元
株式会社 花の露 

麦 魚型酒器 むつごろう 

紹介文
アルコール度数35度の麦焼酎を、有明海の珍魚「むつごろう」をモチーフにした陶器に詰めたお土産に最適な一品です。大麦100%の焼酎の甘い香りとコクをお楽しみ下さい。 
取扱元
株式会社 花の露 

無法松 麦焼酎 25度 

紹介文
 
取扱元
無法松酒造 有限会社 

無法松 粕取焼酎 25度 

紹介文
吟醸粕仕込みで、フルーティな香り 
取扱元
無法松酒造 有限会社 

舞水 

紹介文
吟醸酒の酒粕で造った焼酎。吟醸香が香り高く、オンザロックで味わうとまるで雪解け水のような味です。 
取扱元
株式会社 花の露 

 

紹介文
長期貯蔵の、米焼酎と酒粕焼酎をブレンドしたものです。酒粕特有の香りと熟成した米焼酎の味か゛醸し出す風味か゛えもいわれぬ逸品です。 
取扱元
 

紅乙女ゴールド 

紹介文
長期熟成で胡麻の豊かなコクとまろやかな味わいをもつ世界のスピリッツと並ぶ高級酒。国際味覚品質審査会(iTQi)において四年連続最優秀味覚賞・三ツ星を受賞しました。 
取扱元
株式会社 紅乙女酒造 

酒匠酎 不比等 

紹介文
清酒麹(黄麹)、清酒酵母を用い、日本酒同様に三段仕込みを行った日本酒蔵独特の本格焼酎です。日本酒の香りに近い爽やかな香りが漂う米焼酎です。ロックがお勧め。 
取扱元
比翼鶴酒造 株式会社 

 

紹介文
焙煎した大麦を使って出来た「焙煎麦焼酎原酒」を、樫樽の中でゆっくりと樽の香りをしみ込ませながら、長期間貯蔵・熟成させた長期貯蔵ならではの本格焼酎。
貯蔵した樫樽の香りと、口の中で広がる甘くてやわらかい味が楽しめる、琥珀色の逸品です。 
取扱元
博多焼酎 研醸 株式会社 

ひまわり焼酎 向日葵 

紹介文
真夏の太陽を燦々と浴びた「ひまわりの種」で出来たひまわり焼酎です。
ひまわりの種は漢方薬では古くから滋養強壮の薬と知られ、
またメジャーリーがも試合中に食すほどパワーの源と言われています。
ロック、水割り、お湯割りでおいしく頂けます。

 
取扱元
目野酒造 株式会社 

常陸山 さなぼり 

紹介文
明治・大正時代の「銅製かぶと釜」と木製セイロで蒸留した昔ながらの酒粕焼酎。強い個性を熟成させた(3年)香ばしさのある芳醇な味わいが楽しめます。 
取扱元
株式会社 杜の蔵 

吟仕込み麦焼酎 まゆり 

紹介文
厳選された国産麦を大吟醸酵母で醸した吟仕込み麦焼酎です。
大吟醸酒にも負けない華やかな吟醸香りと、
麦の深い味わいの本格焼酎です。
ロック・水割りがお勧めです。

 
取扱元
目野酒造 株式会社 

吟仕込み米焼酎 まゆり 

紹介文
「吟仕込み米焼酎 まゆり」は精米歩合50%以下の山田錦
で仕込んだ純米大吟醸の醪を蒸留した贅沢な米焼酎です。
華やかな吟醸香りとやわらかな口あたりは大吟醸酒にも負けません。
ロック、水割りで美味しく頂けます。

 
取扱元
目野酒造 株式会社 

博多っ子 

紹介文
 
取扱元
萩尾酒造場 

1 2 3 4 5次のページ> 最終ページ≫

このページの先頭へ