福岡県酒造組合トップ > 新着情報 > 2021年

新着情報

「オンライン日本酒フェア2021」開催のご案内
2021.10.15

全国の酒蔵が日本酒の魅力を伝える世界最大の「オンライン日本酒フェア」が10月の9日間にわたり開催されます。

2021年10月
8日(金)/9日(土)/10日(日)
15日(金)/16日(土)/17日(日)
23日(土)/24日(日)
30日(日)
金)17:00~19:00 土・日)16:00~19:00


福岡県の放映時間は、
10月16日(土)17:30~18:00 です。

【テーマ】
プロフェ酒ナル 逆境を乗り越えろ~糸島産山田錦を愛する男たち~

福岡の蔵元が絶大なる信頼を寄せる糸島産山田錦。コロナ禍で日本酒の販売に急ブレーキがかかる今、飲食店・蔵元・そして山田錦の生産農家はどのようにしてこの危機を乗り越えていこうとしているのか?

皆さま、是非ご覧ください。

参加はWebサイトにて、参加費無料・事前登録不要。
パソコンはもちろん、スマホからも視聴可能です。
公式HPsakeonline.jp

「第9回福岡県酒類鑑評会」結果発表!
2021.09.03

「第9回福岡県酒類鑑評会」審査結果を発表いたします。

福岡県酒類鑑評会は、県下の酒蔵の切磋琢磨と県産酒のさらなる振興を目的として、福岡県の共催と福岡国税局の後援をいただき開催するものです。

古来より豊かな大地の恵みのおかげで、銘醸地として名を馳せた福岡。

福岡の米・麦などを主とした原料、福岡の水、福岡の人が醸し出す福岡の酒を顕彰します。

受賞の対象を市販されている酒とすることで、日本の「國酒」、また福岡の「地酒」としての魅力を広く江湖の愛飲家に訴えていくものです。


今年は38の製造場から日本酒98点、本格焼酎103点が出品され、115点が入賞しました。各部門において、成績上位のものを金賞とし、その中から特に優秀と認められるものに、福岡県知事賞ならびに福岡県議会議長賞をそれぞれ1点ずつ授与いたしました。

「第9回福岡県酒類鑑評会」受賞酒一覧

審査報告


2021年 酒蔵開放のご案内(2021年3月12日時点)
2021.02.04

2021年の福岡県内の酒蔵開放についてお知らせします。

各蔵の酒蔵開放日は コチラ をご覧ください。(2021年3月12日)

※新型コロナウイルス感染拡大状況により、開催の延期、中止または開催内容を変更させていただく場合があります。最新情報は各蔵のホームページでご確認ください。


このページの先頭へ