福岡県酒造組合トップ > 銘柄大百科

銘柄大百科

1..10件/全10件

五十音中順で並べ替え   登録日順で並べ替え

沖ノ島 

紹介文
地元宗像産米と宗像大社中津宮の神水で仕込んだ本醸造酒です。
海の正倉院と称される沖ノ島より酒名をいただいています。 ずばり、すっきりとした味わいで遠方からもご注文いただいています。
 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

赤間宿 

紹介文
低温長期熟成醸造で丁寧に仕込みました。かおりたかく切れの良い仕上がりとなっています。まろやかなお米のうまみをお楽しみください。赤間郷は、江戸時代唐津街道の宿場町でした。 今でも白壁や格子窓「こて絵」と呼ばれる漆喰装飾の家が残っています。  
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

あまざけ 

紹介文
清酒麹を贅沢に使ったあまざけです。
すっきりとした甘さで、飲みやすいストレートタイプ。ノンアルコールなのでお子様でも安心してお飲みいただけます。 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

蔵酒 

紹介文
名前の通り蔵人好みの酒...蔵人たちが自分たちが飲みたい酒をと米本来のうまみを追求し、心をこめて造りました。 ふくよかで濃醇な味が魅力。 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

しぼりたて生原酒 

紹介文
もろみを搾って漉したままの原酒には酵素や酵母が生きており、フルーティーなかおりとやわらかな飲み口は格別。この季節ならではのフレッシュなお酒です。 なお,搾ったままの生原酒です。 冷蔵庫または寒いところに保管し、お早めにお飲みください。 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

酒中八仙 

紹介文
アルコール度数25度の割って飲む日本酒。話題性のみならず、美味しさでも評価をいただき、品切れするほどの売れ行きです。アルコール自体が辛いのでいかに清酒のうまみをきれいなまま残すかに苦心しました。ロック、お湯割 水割り いろいろな飲み方をお試しください。 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

楢の露  

紹介文
勝屋酒造の代表的銘柄 宗像大社御神酒。大社のご神木楢の木より名前を頂く。
普段飲むお酒がおいしくてこそ楽しい食卓と言えます。手造りの蔵ならではの旨味ある普通酒。燗酒としてもおいしい。
 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

にごり酒 生原酒 

紹介文
もろみを搾って漉したままの原酒には酵素や酵母が生きており、フルーティーなかおりとやわらかな飲み口は格別。この季節ならではのフレッシュなお酒です。 なお,搾ったままの生原酒です。 冷蔵庫または寒いところに保管し、お早めにお飲みください。 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

養生訓 

紹介文
福岡の生んだ賢人・貝原益軒が日頃養生のため愛飲していたお酒の処方をもとに復元。清酒(19度原酒)に7種の生薬を溶け込ませました。お湯割り、水割り、オンザロックなどご自分流にお楽しみください。

「大棗(タイソウ;なつめの実)」、「紅花(コウカ;べにばなの花)」、「黄精(オウセイ;なるこゆりの根)」、「桂皮(ケイヒ;ニッキの樹皮)」、「破故紙(ホコツシ;おらんだびわの種子)」、「山椒(サンショウ 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 

しずくしぼり大吟醸 麓寿泉 

紹介文
城山湧水への思いを酒名とした明治の銘酒「麓寿泉」を復元いたしました。磨きあげた原料を昼夜の別なく低温でじっくり仕込みました。酒袋でしずくの様にしぼった贅沢なお酒...まさにこれは酒の芸術品...芳酵な旨さで全国にファンを広げています。
好適米:山田錦 精白歩合:40% 仕込水:城山伏流水 
 
取扱元
勝屋酒造 合名会社 


このページの先頭へ